クラリネットアンサンブル・エニグムのメンバーによるブログです。


by enigme

カテゴリ:クラリネット( 38 )

-

b0166769_2157796.jpg

今日は、アフィニス夏の音楽祭2010山形
の文翔館ランチタイムコンサートと山形テルサ室内楽演奏会に行って来ました。
蔵王に来ていた松元香さんが出演されていて、とても素敵なコンサートでした。
実は先日20日、菊池さんが聴きに行ったグランパルティータのリハーサルも見学に行ってレクム先生に再会した(2001年の音楽祭に参加した時に師事)のですが、ホント素晴らしい時間なんですよ。
日本のプロ奏者達が生徒になって、ひたすら研鑽する姿。それを教える先生達のあまりの凄さを目の当たりにすること。
山形の暑い夏がさらに熱くて、、
演奏を聴いていて、何故か幸せになってきてニヤニヤしてしまいますワシ。
写真は、20日のリハーサルを盗撮しました。
R.M-v.レクムさんザールブリュッケン放送響
原田美英子さん大阪交響楽団
鈴木良昭さん元新日本フィル
郷津隆幸さん山形交響楽団
の名クラリネット奏者達
上手かったあー!

日比野
[PR]
by enigme | 2010-08-24 21:57 | クラリネット
こんばんは、菊池です♪

幸運にも急遽予定が空いて、先ほど山形交響楽団とアフィニス祝祭管弦楽団の演奏会に行って来ました!

モーツァルト「グラン・パルティータ」、
R.シュトラウス「メタモルフォーゼン」「英雄の生涯」
いい曲ばかりです。

何と言っても、クラのライナー・ミュラー-ヴァン・レクム氏の、柔らかく深い音が耳から離れません(^^)


明日は酒田公演だそうですが、お近くの方はぜひ☆
[PR]
by enigme | 2010-08-21 23:36 | クラリネット

-

b0166769_1027285.jpg

蔵王クラリネット&ファゴットサマーキャンプ2010
無事終了しました。
毎年の事ですが、充実した日々でした。
私は、ブラームスのクラリネットソナタ第二番を山口佳代さんという学生時代からの馴染みで名ピアニストと演奏出来た事が1番の勉強になりました。
まだまだ、修行が足りないなあ、、、ワシ。
受講生達も充実した時間を送ることが出来たかな?
(TCPとは、東京クラリネットフィルハーモニーの事です)
しかし、山を降りたら夏は終わっていると思ったのに甘かった!
あづ〜い〜

日比野
[PR]
by enigme | 2010-08-17 10:27 | クラリネット

演奏会宣伝です。

b0166769_19223414.jpg

ドイツ、オーストリアよりクラリネットとヴィオラのための作品

8月9日19:00開演
仙台市シルバーセンター交流ホール
チケット一般2800円(当日3000)
ペア5000円(当日5500)
予約、09029725227高橋

演奏者
クラリネット
クロフォード典子
ピアノ
高橋麻子
ヴィオラ
佐々木真史
プログラム
モーツァルト、ケーゲルシュタット
ブラームス、ソナタ等

ともかく、ヨーロッパの香りプンプンする、素敵なコンサートですよ。
仙台でクラリネットのコンサートは少ないので、こういう演奏会は聴き逃せないですよ。
[PR]
by enigme | 2010-08-05 19:22 | クラリネット

古楽器

2/12東北学院大学でのレクチャーコンサート「時代の音」というのに行って参りました。
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/period/concert_03/
鈴木秀美氏の案内で、作曲時代のオリジナル楽器を用いたアンサンブルコンサート

クラリネット奏者には、ロレンツォ・コッポラ氏Lorenzo Coppla
の素晴らしい演奏。
ベートーヴェン七重奏曲
シューベルト八重奏曲
終演後舞台上にシューベルトの第四楽章バリエーションで使用されたC管が残されていたので、それを取りに来るコッポラ氏を待ち伏せして、暫しクラリネット談議をお互い片言のドイツ語で。(コッポラ氏はイタリア人)

シューベルトの第六楽章の難しいパッセージがあまりに鮮やかで、氏を賛辞したところオリジナル楽器だとあまり難しくなく、むしろ第四楽章でAs-durのバリエーションが凄く難しいとの事でした。
ついでにシューベルトのグレート交響曲での使用楽器を質問したら、1.3.4楽章をC管 2楽章をA管で演奏するとの事。(一般的には1.3.4がB管 2がA管, 私は1.3がB管 2がA管 4がC管 )
また、モダン楽器は最近はもう吹かないとも仰ってました。
理由は、モダン楽器だとリードが3〜4番だが、古楽器だと1番!だから吹き分けが辛いとの事。
道理でppがあれだけ美しい訳だと納得。でもf.ffも美しいかったけど、、、。
18世紀のキー少ない楽器(もちろんレプリカではありますが)
複雑な指づかいで音楽を奏でます。
ベートーヴェンのB管は5鍵、シューベルトのB管は10鍵、C管は6鍵を使用。
運指によって音色が複雑に変化するのがCD等で聴くよりハッキリ分かって、その陰影にホント魅了されました。
現代の楽器は全ての音を均一にそしてより大音量にする技術の集約である事を認識し、その結果失われた魅了があったんですね。
日比野
[PR]
by enigme | 2010-02-15 02:27 | クラリネット

十八番

C.ROSE 32のエチュード
18番B-dur 6/8拍子
Allegro vivace
ともかく、さらい込んで十八番(おはこ)にして下さい。
ちなみにフルネームは
Cyrille ROSE なんですね。

ROSEのエチュードは、オーボエやサックスにも抜粋で使われています。
名曲ですね。
日比野
[PR]
by enigme | 2010-01-25 03:01 | クラリネット

-

b0166769_1849101.jpg

b0166769_18491072.jpg

新型
インフルエンザではなくてクラリネットの話しです。
ムジークヨーゼフから発売されたクラリネットです。
沖縄の会社で、ロゴには、クジラが潮を吹き上げている絵が刻印されています。
今回は、リニューアルされた三立楽器店(凄く綺麗になってて前を通り過ぎてしまいます)に二日限定で出品されているのを試奏させて頂きました。
オーボエ吹きのマイスターがオーボエ作りの技術を活かして作っただけあって従来のクラリネットと一線を画す楽器とのこと。
B管4本さらに初期に作られたB管1本、A管3本を試奏したところ、私は、初期のB管が気にいりました。まだまだホヤホヤの楽器これからが楽しみですね。
ところでリニューアルした三立楽器一番町店素晴らしいです。
「楽器屋さんみたいだね!」と言った仙台フィル団員がいましたが、、、。
日比野
[PR]
by enigme | 2009-12-14 18:49 | クラリネット

-

b0166769_23325683.jpg

昨日、今日と仙台フィルの定期演奏会でした。
名曲「ヴェルレク」こと
ヴェルディの「レクイエム」
本当に名曲でした!
合唱が入っているこういった大作はライブの臨場感を味わうのが一番だと思います。
クラリネットに関しては、
ヴェルディでは、普通B管一本で読みかえで吹くのが、イタリア風なのですが、
今回は、楽譜指定の通りC管、B管、A管の3本を使用しました。
全世界的に最近は、オリジナル尊重で作曲家の指定通りで演奏する事が多くなってきました。
もちろん、持ち替えが不可能、運指が楽くちん等で、100%指定通りには、演奏しませんが、、、
で今回は、なんと3本ともメーカーが違う事になっちゃいました。
写真左から
C管、クランポンプレステージ
B管、セゲルケ
A管、セルマー10SⅡ☆
全部ごきげんでした!
と、思っているのは、ワシだけ?
日比野
[PR]
by enigme | 2009-10-24 23:32 | クラリネット

-

b0166769_14331549.jpg

久々にオッテンザマー師匠の音を聴きました。
GP前にバックステージに行ったらいきなり再会!で、いきなりお琴合奏とクラソロの合わせ。
やっぱり、しっとりとした音をだすなあー。と感心。
その後、楽屋で雑談。
もう、23年も経つんだなあ。
楽器の話になって、なんと写真の通りリードがプラスチック!(マウスピースはNICK)
正直ショックでした。
ウィーンフィルでも今はこれで吹いているそうです。
私がウィーンの学生時代、リードの授業ってのがあったんだけど、さすがにその授業はまだあるそうです。というか、まだ全員がプラスチックリードでは無いから、、、
未だにリードを丸材から作っているワシは、時代遅れ〜
オッテンの長男ダニエルがこの秋からウィーンフィルの首席(シュミードルの後釜)になったそうです。親子二人でウィーンフィルの首席奏者!
次男アンドレアスは、これまた難関で知られているベルリンフィルのカラヤンアカデミーに在籍中というクラリネット親子。
来年の夏に三人の演奏ツアーがあるので楽しみです。
仙台で無いの?と聞いたら、まだ分からんと、、、せめて近くにでも来てもらいたいものです。
楽屋では、Vnのシュトイデ氏とオッテンで最近太っただの身長はどれぐらいだのと、話しているのを聞いて、うちの楽屋と同じ様な話しで笑っちゃいました。ついでに私の万歩計を見て関心したり、私のi-Phoneでウィーンフィルにメールしようとして挫折したり、(シュミードル氏のある事件を聞いちゃいました)かなりお茶目なオッテン師匠でした。
ひびやん
[PR]
by enigme | 2009-10-14 14:33 | クラリネット

リードケース

先日、いつもお世話になっているサンリツ楽器さんでヤマハの新しいリードケースを購入しました。

b0166769_215291.jpg

ホワイトです。

なかなかいままでのリードケースにはなかったいいデザインで、色も各種あります。

私は白が好きなので以前から白いリードケースがあったらいいなあと思っていました。
(携帯も白だし、前は手帳も白。夏は白い服が多いなどなど…)

たまに、こういう新しいものを買うと練習がまた楽しくなりますね。
[PR]
by enigme | 2009-09-08 21:07 | クラリネット